« EeePC4G-X のCSEL切り替え案 | トップページ | EeePC4G-X 20GB化成功 »

2009年1月24日 (土)

Xandros Dual Boot断念

高速で32GBのOCZ社のTHROTTLE eSATA Driveを手に入れた。
こうなるとXandrosもWindowsXpもここから起動したいのが人情である。
今までは1つのSSDに1つのOSを入れてDual Bootしていた。
今回は1つのSSDでのDual bootしてみよう♪

ってことで昨夜は試行錯誤しておりました。

WindowsXpとeeeUbuntu 8.04
これはUbuntuインストール時にインストール先やパーテーションを色々調整できるので楽勝で成功。8.10でも出来ると思う。

でも私の好みはXandros。
厄介なのはWindowsもXandrosもリカバリー式DISKでインストール先を選べない。
パーテーションすらすっ飛ばしてしまうのだ。
上記Xp&Ubuntuの状態でUbuntuを消し去り、そこへXandrosをコピー出来ないかあれこれ試したがダメ

XandrosとWindows 7
これは先日チャレンジしたがWindows 7に断られた。
再チャレンジでKnoppixで空き領域にパーテーションを作ろうとしてみた。

Partition_xandros

なんとここでもイヤイヤと断られる。英語のメッセージをみると
「もうこれ以上のパーテーションは・・・」
パーテーションは4つが限界なのか?だからWindows7も嫌がったのか?

結論

1つのSSDでのDual bootではXandrosは選べない。

うーん、残念。
ってことは1ドライブのHDDモデルではXandrosでのDual Bootが楽しめないのか?
ASUS社はEeePCは今後は1ドライブ化の方向らしく最近のモデルはみんな1ドライブ。
初期型EeePC901-X買って正解だったのかもしれない。
Pri Master用(Xandros用)にまたOCZ社のTHROTTLE eSATA Driveの16GBが欲しくなってきた。。。

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« EeePC4G-X のCSEL切り替え案 | トップページ | EeePC4G-X 20GB化成功 »

コメント

一つのってのは難しいかもしれませんね~
4GBの領域をうまく確保してフォーマット、WIN7入れる。
そこにうまくはまるようにTIでバックアップしていたXANDROSを入れるってのはどうでしょう?
もうやったのでしょうね。
WINDOWSよりLINUXのほうがパーティーションに強そうだし。
MBRうまく設定できないもんですかね?

XANDROSをSDHCに入れたみたいな話も聞くし裏技あるのでは・・・

投稿: FANG | 2009年1月24日 (土) 09時53分

FANGさん、おはようございます。
TIはドライブごとしかやり取りできないんですよ。
KNOPPIXのPartedで出来るのですが上記記事のように断られました。

>XANDROSをSDHCに入れたみたいな話も聞くし裏技あるのでは・・・
ほほう、初耳です。
でもつじつまを合わせればスレーブでもXandrosは動くという情報はつかみましたから可能かもしれませんね。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月24日 (土) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/27417143

この記事へのトラックバック一覧です: Xandros Dual Boot断念:

« EeePC4G-X のCSEL切り替え案 | トップページ | EeePC4G-X 20GB化成功 »