« Xandros さらなる日本語化 | トップページ | SATA のMaster/Slave »

2009年1月31日 (土)

SuperTalent S101用 SSD

Super Talent社からEeePC S101用にSATA接続のSSDが発表されていますね。

Talent_sata

SLCモデルは16GBと32GB
 速度はMaxで Read 95MB/sec Write 90MB/sec

MLCモデルは16GBと32GB、64GB
 速度はMaxで Read 90MB/sec Write 55MB/sec

激速ですな!

コントローラーはJMF601、フラッシュはSUMSUNGのK9HCG08UIM
こりゃ先日内蔵したOCZ社の THROTTLE eSATA Driveと同じだ!coldsweats02

Talent_sata4

SATAなのでデータ信号は赤丸印の4本だけ。ほとんどの端子はNC。笑
約40本の配線が必要なPATAなら52pinのFLASH CONコネクタはありがたい。
でも4本+電源でFLASH CONコネクタってもったいないような・・・そう思うのは私だけ?coldsweats01

IDE接続のようにマスター/スレーブの共存問題で悩まなくて済みますぞ。

追記
以前他所でEeePC901-XでS101のSSDが認識できなかった記事がありましが、原因はBIOSが1302以前のSATA接続が認識できないバージョンだったからです。
それ以降のBIOSならEeePC901-XでもSATAのSSDは認識できます。
したがって、おそらく上記のSSDも認識すると思われます。(保証はしかねますが)

追記 とうとう国内でも購入できるようになりましたね。

Super Talent 64GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM64GRSE) 新品 Super Talent 64GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM64GRSE) 新品
販売元:Memory Deal
Memory Dealで詳細を確認する

|

« Xandros さらなる日本語化 | トップページ | SATA のMaster/Slave »

コメント

数値で見ると速いですよね。とくにSLCの方は未体験なので、16GBのCドライブと交換してみたくはあります。

ところで、JMF601って発熱が結構ありますよね。
ASUS純正のSSDもそうなのですが、OCZのThrottleも熱いです。SUMSUNGのフラッシュチップも多少熱くはなるのですが、EeePCの筐体裏側の発熱は、SSDの熱だったのに気づきまして。
#USBメモリも暖かくなりますので、そういうものかもしれませんが。

投稿: akira | 2009年2月 1日 (日) 10時59分

akiraさん、こんにちは。
>EeePCの筐体裏側の発熱は、SSDの熱だったのに気づきまして。
今、裏蓋を手で触ってみましたが温かくなっていますね。
ちょうどOCZのThrottleのある辺りですからそうなのでしょうね。
純正の頃を忘れてしまいました。汗

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 1日 (日) 11時33分

はじめまして
いつも拝見させて頂いています。
色々挑戦されているので,感心しています。

アンビンバンコさんの改造を見てみると
自分には中々出来そうにないので
今は純正4G+8Gで使用しています。
でも,思い切ってEeePC本体をいじらず
SHD-DI9M32GのR7,R18の処理のみでロング基盤換装に
挑戦しようかと考えていた所
このSSDの情報が入ってきました。

この,SSDはEeePC 901-Xに搭載できるのか
凄く気になります。

ここを見ると
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1114/asus.htm
(Eee PC S101搭載のSSDをEee PC 901-Xに取り付けてみたところ、初期BIOSが導入された状態では全く認識せず利用できなかったものの、最新BIOSにアップデートすると問題なく認識され、利用できた。)
と書かれています。

素人判断で,使える可能性大?と思っています。

でも,私の場合バッテリーの持ちが悪くなるのは
絶対に譲れないので,換装出来ても
ここが大きなポイントになりそうです。

SHD-DI9M32Gのロング基盤換装時
バッテリーの持ちは変わりなかったでしょうか?

投稿: okazu | 2009年2月 1日 (日) 20時45分

okazuさん、こんばんは。
>この,SSDはEeePC 901-Xに搭載できるのか
多分大丈夫ですよ。
BIOSの問題は1302以前のバージョンがSATAを認識できないことを言っているのでしょう。
それ以降のバージョンであれば認識できると思います。

私がいま使っているOCZ THROTTLE eSATA Driveは上記SSDと同じ構成ですがバッテリーの持ちが悪化した感じは認められません。
しかもSHD-DI9M32Gと併用しております。

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 1日 (日) 20時53分

>バッテリーの持ちが悪化した感じは認められません。
おお,バッテリーの持ちは変わりないですか!
しかも,SHD-DI9M32G併用しているそうですね!happy01

こうなれば思い切って
まずは,予定していたSHD-DI9M32Gのロング基盤換装を行って

時機をみて,SHD-DI9M32Gのショート換装+このSSDでロング換装!等を考えてみます

SHD-DI9M32Gの換装は
アンビンバンコさんの換装を参考にさせて頂きます
貴重な情報,有難うございます。

投稿: okazu | 2009年2月 1日 (日) 22時12分

おそらく大丈夫でしょう。
しかし、DI9M同士、DI9MとRUNCOREの不具合もあるようですので、
不具合が起こらないとも限りません。
電圧の問題が強いようですが。

S101限定なのは、901に入れる際にBIOSの更新が必須の物を
サードパーティーが出すのは補償問題がうるさくなるからじゃないか?と思ってるんですが、どうでしょう?

投稿: FANG | 2009年2月 1日 (日) 22時30分

>DI9M同士、DI9MとRUNCOREの不具合
これはIDEのマスター/スレーブの共存が出来ない問題だと思います。
もう高速なIDEはこりごりです。coldsweats01
EeePC901-16Gでも使えるはずだけど日本でしか売っていないからですかね。
ところですまささんの記事によるとS101のSSDを交換するのは相当大変らしいですね。

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 1日 (日) 22時37分

こんばんは
またまた横から失礼します。
RunCore製ですがEeePC用SATAのSSDを入手しました。
やはり、901-Xは対象機種に入っていませんが、認識しますし使えています。
注意点としてはアンビンバンコさんが書かれているとおり、BIOSの件と認識がプライマリスレーブになるということです。
別記事でも話題になっている通り、プライマリスレーブでもCドライブ(起動ドライブ)にできますが、Windowsをインストールするの付属DVDからそのままリカバリはできず、工夫が必要です。
メーカーが違っても901-Xのロング基板にSATA接続する以上はアンビンバンコさんと同じ問題に直面するのではないかと思います。

投稿: DK | 2009年2月 2日 (月) 00時52分

DKさんへ
>RunCore製ですがEeePC用SATAのSSDを入手しました。
そりゃまた速そうなのを手に入れましたね!

>Windowsをインストールするの付属DVDからそのままリカバリはできず、工夫が必要です。
XandrosインストールDISKはすんなりいきましたよ。
Xpはどうだったか・・・失念しました(^^;
工夫って・・・一旦別ドライブにインストールしてリカバリーとかでしょうか?

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 2日 (月) 06時35分

付属のDVDからのリカバリーはセカンダリマスタ=C、セカンダリスレーブ=Dの決め打ちで展開するので、ロング基板をSATAに換装するとセカンダリスレーブが無くなりプライマリスレーブになるり、そのままでは使えないかなと思いました。
今回は今まで使っていた環境をコピーしてプライマリスレーブ=Cにしたので、DVDからのリカバリーは試していませんでした。すみません、今度試してみます。^^;

投稿: DK | 2009年2月 2日 (月) 07時37分

DKさんへ
わたしもこの件、試してみようとして未だなんです。
まぁXpの場合はAcronisのリカバリーならどこにも戻せるのでなんとでもなりますけどね。

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 2日 (月) 20時20分

おはようございます。
ロング基板をSATA-SSDに換装した状態で付属のDVDからリカバリー出来ました。プライマリスレーブ(ロング基板)=C、セカンダリマスタ=D、になります。標準状態に対して起動ドライブ(Cドライブ)とDドライブが逆転するのが注意点になります。
本体のハンダ付け改造なしにロング基板換装だけで高速なSATA側が起動ドライブ(Cドライブ)として使えるのでかえって好都合かもしれません。
16GですがSHD-DI9Mとも共存できています。
ちゃんと確認せずに書いてしまって失礼しました。

投稿: DK | 2009年2月 4日 (水) 07時42分

DKさんへ、
やはり先頭ドライブへリカバリーするのですね。
情報ありがとうございました。(^-^)/

投稿: アンビンバンコ | 2009年2月 4日 (水) 07時57分

S101の無線LANを取り外して交換するタイプですか?

901xのSSDと互換性があるということは、国内メーカー
から販売されている901x用のSSDをS101の無線LAN
スロットに装着すれば増設きでるということですか?

投稿: | 2009年3月13日 (金) 02時57分

名無しさんへ
無線LANスロットは形は同じですがSSD用スロットとピンの信号の種類が違うはずですよ。
挿すと壊すおそれがあります。

投稿: アンビンバンコ | 2009年3月13日 (金) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/27647796

この記事へのトラックバック一覧です: SuperTalent S101用 SSD:

« Xandros さらなる日本語化 | トップページ | SATA のMaster/Slave »