« EeePCの SATA ピンアサイン | トップページ | EeePC にDI9M32G続報 »

2009年1月 4日 (日)

SHD-DI9M32G到着、2枚挿しは?

年末に注文していたSHD-DI9M32Gが届きました。
SHD-DI9M16Gが予想以上に良かったのであわよくば2枚挿しをもくろんだんです。

Shd_di9m32g

早速EeePC901の裏蓋を開けてロング側に挿していた純正4GBと交換。

Di9m32g_sm

どよ~ん・・・やっぱ予想通り32GBしか認識しませんな。2枚挿し成らず!
内蔵のDI9M16GはCSEL化してあるのだからスレーブに切り替わるはずがダメ。

気を取り直してAcronis True ImageでバックアップしておいたXpをリカバリー。
無事WindowsXpが立ち上がったので不良品では無さそうです。ほっ

そそくさとDI9M16Gの時と同様にDI9MのLED対応とCSEL化を実施。
今回は例の動画を真似てハンダごて1本でR18の0Ω抵抗を外してみました。
なんとか出来ましたが余分なハンダを使うので半田ごて2本の方が良いかな?

見たこと無い方にイメージしやすいように写真を撮っておきました。(ピンボケ)
これがR18にあった0Ω抵抗です。

0orm_size

作業を終えてLEDが点灯することを一応確認。OK。
自分の書いたEeePC901の分解方法を頼りにEeePC901を分解しDI9M32Gを装着しました。
分解したついでに将来のSATA化も考えて5V電源を確保しておきました。
リード線先端がUSBポートに向いていますが関係なく、たまたまです。
使うまでは先端を絶縁しておこうと思います。

5v_land

分解と逆手順で組み上げSHD-DI9M32G1枚の状態で電源ON!
無事BIOSで認識しWindowsが立ち上がりLEDも点滅します。成功です。

DI9Mシリーズ2枚挿しは断念し純正4GB(プルダウン済)をロング側に装着すると無事4GBからもXandrosが起動。
片方が純正なら問題ないようです。
やっぱ、バッファローさん、これでロング基板は出さないんだろーな。

ただいまリカバリーDVDからWindowsXpをリカバリー中。

ちなみに私が購入したのはこのショップから。

【当店ポイント2倍】バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 32GB【税込】 SHD-DI9M32G [SHDDI9M32G]/※ポイント2倍は 1/5am9:59迄。ポイント付与は2月中旬〜3月上旬頃予定 【当店ポイント2倍】バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 32GB【税込】 SHD-DI9M32G [SHDDI9M32G]/※ポイント2倍は 1/5am9:59迄。ポイント付与は2月中旬〜3月上旬頃予定

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

|

« EeePCの SATA ピンアサイン | トップページ | EeePC にDI9M32G続報 »

コメント

C-SEL化後のロング側にDI9M-16G刺してもダメですか?
うちもとりあえず何もしないでロングに刺したら認識しませんでしたが、
C-SELした後はもちろん動いてます。
それと同じ事ではないのかな?
なんかよくわからんです。
IDE2にマスター来てもダメなのかな?と思ってましたが。
あ、それだとMTRON動くのもおかしいのか。

投稿: FANG | 2009年1月 4日 (日) 18時59分

はじめまして、いつも参考にさせていただいております。

私も2枚刺しを目論んで2枚目を注文中なのですが
ショート側:マスター固定、ロング側:CSEL
でも認識しないのでしょうか?
個人的にはもしそれがダメなら2枚刺ししてしまうのであれば
ロング側をスレーブ固定にしてしまうのではダメなのかなぁ?
それで動けばラッキーだよなぁ、などと甘いことを考えております。

投稿: noa | 2009年1月 4日 (日) 19時04分

あと、bootboosterが動くかも気になりますね。
たぶんマスターからなら普通に動くのだろうけど。

投稿: FANG | 2009年1月 4日 (日) 20時53分

FANGさんへ
>C-SEL化後のロング側にDI9M-16G刺してもダメですか?
あきまへんでした。coldsweats01

一方がノーマル基板なら動くのですが両方DI9Mとなるとアカンようです。
bootboosterはまだ試していないので後で。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 4日 (日) 21時01分

noaさん、こんばんは。
>ショート側:マスター固定、ロング側:CSEL
>でも認識しないのでしょうか?
CSEL化した後32Gをショートに挿して組み上げたのでその組み合わせは試しておりません。
でも期待薄だと思いますね。
Mtronとの両立でDI9MをCSEL⇒スレーブにしても症状変わらずとの例もあります。IDE規格から遠ざかったのが原因でしょう。
基板の配線の長さやノイズタフネスなどが効くようですよ。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 4日 (日) 21時05分

>bootboosterはまだ試していないので後で。

試してみました。
今第一起動ドライブをショート側スレーブXPにしております。
これでbootboosterを効かせると
「今回はbootboosterを起動できませんでした」
のメッセージでXpが起動します。
DI9M16Gの時はいきなりXandrosが起動した記憶です。謎

第一起動ドライブをマスターのXandrosにすると
bootboosterが効いてスパッとXandrosが起動します。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 5日 (月) 07時50分

この場合EFI領域はXandros側のマスターにあるってことですよね。
スレーブ側にできるといいのに。

投稿: FANG | 2009年1月 5日 (月) 20時04分

FANGさん、こんばんは。
ショート側をマスターにすればXpがスパッと起動できるのでしょうね。
私はメインはあくまでもXandrosにしたいのでこのままでいきます。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 5日 (月) 20時26分

SHD-DI9の2枚挿し動作せず残念でした。
すまささんのブログによると、SHD-DI9(マスター)とSHD-EP9(スレーブ)の組み合わせでは動作するようですね。SHD-EP9(バッファローのロングSSD)はオリジナルSSDと同じコントローラを使用しているからと言う事でしょうかね?SHD-EP9は持っていないのですが、オリジナルのSSDとSHD-DI9を見比べると終端抵抗が違うように思えて、CF-IDE基板のこともあり、やはり気になっています。単にコントローラの相性や配線の引き回しの違いによる相性なのかもしれませんが…。
ところで、アンビンバンコさんの記事に刺激を受けて買ったG4-Xは直付け4GのSSDがない、PCIeコネクタのみ版でしたが、901-Xの8GSSDもSHD-DI9もマスターとして認識され、問題なく動作しています。bootboosterもOKです。PCIeコネクタを半田付けするつもりで701ではなくG4-Xを買ったのですが…。^^;

投稿: DK | 2009年1月 5日 (月) 23時33分

DKさん、こんばんは。
CF変換基板もCFスレーブとすれば動きますのでDI9Mよりレベルは良いのかも?と思っています。
今回4G-X空きランドへ設置したコネクタへDI9Mを挿してもうまくいきません。
soltec工房さんのSpecial基板やtie2さんの手配線CFは認識できてることからしてもマスター/スレーブの観点からはDI9Mはいまいちの感があります。

DKさんは後期型4G-Xを入手されたのですね。
後期型は1ドライブでマスター前提なのでDI9Mもうまく動くようですね。
私もなんとか前期型4G-Xでブレークスルーしたいものです。
いやー!とにかくEeePCは楽しいです♪

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 6日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26792468

この記事へのトラックバック一覧です: SHD-DI9M32G到着、2枚挿しは?:

« EeePCの SATA ピンアサイン | トップページ | EeePC にDI9M32G続報 »