« コネパクの日本語化、ひとまず成功 | トップページ | EeePC でDOS&コネパク成功! »

2008年12月16日 (火)

SHD-DI9M はmaster固定

すまささんがSHD-DI9M32Gを解析したところmaster固定であることが判りました。
 ⇒ SHD-DI9MのCSELを弄り中

まぁDell社のInspiron mini 9用で1ライブ用途ですから自然といえなくもない。
記事中では旧8GBロング基板用コネクタで使う為に強制slave化を進めておられます。

ところで

私のEeePC 901はsoltec工房さんのスペシャル基板のおかげでスイッチひとつでmaster-slaveのコントロールが可能。
Xandrosはマスター側じゃないと文句をいうのでこのスイッチは大変便利。

Cf_master2

SHD-DI9M16Gが届いたとして
SHD-DI9M16Gがmaster固定ってことはスペシャル基板はslaveでしか使えないってことだ。
をいをい、Xandrosに16GBも要らんぞい。

 master CF8GB(SLC)  Xandros
 slave   SHD-DI9M16G  Windows

で運用するつもりだったのになぁ・・・

EeePC 901のmaster-slaveの話はエムザさんのブログ記事が大変良くわかります。
 ⇒ EeePC 901 マスタースレーブ切替(応用編)
私の認識は

 ZIF21pin(CSEL)をプルアップのまま ⇒ 4GB側がmaster 8GB側がslave
 ZIF21pin(CSEL)をプルダウン(GND) ⇒ ZIFがmaster SSD4GBがslave

これを応用して新スペシャル基板は設計してある。
ZIF21pinをSSD8GB用コネクタ26pinにジャンパしてロング基板のmaster-slaveをスイッチでコントロールしているわけだ。

Cf_master1

でも今回はこのスイッチでCF側をmasterに切り替えたところで・・・
SHD-DI9M内部でCSELがプルダウンされてmaster固定されているのでどっちもmasterになっちまう。

なんとかSHD-DI9Mを純正4GB同様の構成に改造せねば。。。
コントローラーのCSEL信号を26pinに直通させれば良いような気がする。
こりゃ、すまささんのブログから目が離せませんな。

今までの情報からすると
私のEeePC 901の場合、そのままSHD-DI9M16Gをロング基板コネクタに挿すと
SHD-DI9M16GはmasterなんだからCSELがGNDに落ちている。
ジャンパーを通してZIF21pinもGNDとなり、純正SSD4GBはスレーブになるはず・・・だ。

本体分解前にひとまずそれで動作確認することにしよう♪

EeePC 901-Xでも動作 SHD-DI9Mシリーズ 

|

« コネパクの日本語化、ひとまず成功 | トップページ | EeePC でDOS&コネパク成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26218509

この記事へのトラックバック一覧です: SHD-DI9M はmaster固定:

« コネパクの日本語化、ひとまず成功 | トップページ | EeePC でDOS&コネパク成功! »