« コネパクの日本語化でスタック | トップページ | SHD-DI9M はmaster固定 »

2008年12月14日 (日)

コネパクの日本語化、ひとまず成功

EeePC 901のSDHCカードで試行錯誤するもコネパクというかDOSそのものがUSモードでしか起動しない。weep

まてよ?自作PCに2.5inch HDD繋いでいた時にはJPモードでも起動したよな。

 JPモード : C:\  と表示されます
 USモード : C:\ みたく表示されます

再度2.5inch HDDを自作PCに接続して試してみるとJPモードで起動できます。
ならば・・・
clr7d100.LZH、dsp1402A.LZH、imecpk03.LZH の三種の神器を設定。
実は厄介な作業なんです。
DOSではUSBメモリーが認識出来ないのでIDE接続したHDDをUSB接続に変換してファイルコピーなどの環境変更。
起動確認はまたIDE接続にし直して確認。汗

Cpack_jp

がっはっは!見事日本語入力が出来ました!うれぴー♪

これで先人の方々はJPモードで起動させて日本語化しておられたのが判明。
あ~スッキリ♪

ここでハタと気付きました。flair
HDDとSDHCの差がどうこうが問題なんじゃない。コネパクも関係ない。
それ以前に・・・
EeePCでJPモードで起動できない原因は・・・WSVGAだ!(と思う)

CONFIG.SYS中の
DEVICE=C:\DOS\JDISP.SYS
こいつじゃEeePCのWSVGAは手に負えないんじゃなかろうか?
JPモードに切り替わる際一瞬画面が消えてフォントが変わる。
それがEeePCでは起きないのである。

う~ん、どうすべ。。。

|

« コネパクの日本語化でスタック | トップページ | SHD-DI9M はmaster固定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26186004

この記事へのトラックバック一覧です: コネパクの日本語化、ひとまず成功:

« コネパクの日本語化でスタック | トップページ | SHD-DI9M はmaster固定 »