« Palm m100 の8MB化改造 | トップページ | Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート »

2008年12月10日 (水)

Palm m100のバックアップ電源をCR2032で

前の記事に書いた 8MB化したPalm m100
その後、電池を交換する際に何故かメモリーの中身が消えてしまう不具合に遭遇。
おかげで毎回電池交換の後はフルシンクロが必要。
時間はかかるし、せっかく電池を換えたというのにいくらか消費してしまう。

そんなもんだから面倒で使わなくなってしまっておりました。
そういえば電池の減りもやたら早かったような記憶です。

最近、なんかネットで原因が出ていたなぁ・・・
と思い出して検索してみるとスーパーキャパシタなる部品の不良らしい。
なーんだ、私のハンダごての失敗では無かったようだ。
漏電してちゃ電池も持たんわけですな。

んじゃ早速分解してみよう♪

こいつ(赤丸)が諸悪の根源。電気を貯められないスーパーキャパシタ。
撤去するだけで電池の持ちは改善されるはず。

M100_capa

なんか代わりになる部品は無いかな???
と思いついたのが不要だけど捨てずにいたTVリモコン。
電池を交換したくらいじゃ設定は消えなかった記憶?です。

分解してみると、驚愕の部品点数の少なさ!
このアルミ電解コンデンサで良いのだろうか?
一応+とーの極性を確認して使ってみる。

M100_c

Palm m100改8MB&アルミ電解コンデンサ仕様である。笑

ためしに電池を入れてセットアップ。テキトーなデータを保存して電源off。
電池を抜いて、再度電池を入れて電源on!

元気良くリセットから起動しました・・・ダメじゃん。crying

ならば必殺!CR2032直付け攻撃!!!

M100_b

強引に直接ハンダ付け。良いのか?
再び起動し、日付やダミーのデータを入れて電池を外し、再度電池組み込み。

やったー!見事データを保持しておりまする。happy01
さっ、明日から久々に PDA 持って仕事しよう♪

追記
翌朝電池がほぼ空になっておりました。crying
配線を電池交換のときだけ繋ぐように修正して問題を切り分ける予定です。

そういえばXandrosにもPDA関連のソフトがあります。
こいつにPalmのデータがインポート出来ちゃうと美しいのだが。。。

|

« Palm m100 の8MB化改造 | トップページ | Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート »

コメント

m100の持病ですよね。
電池を一本ずつ、急いで取替えれば「大丈夫」みたいな話もありましたが、やったことありません。
m100の母艦がXandrosのEee PCというのは面白そうですね。
パームウェアをLinux環境で開発されていた方もいらっしゃいました。
今後、m100がどうなっていくのか?楽しみにしております。

投稿: kentaman | 2008年12月11日 (木) 07時19分

kentamanさん、おはようございます。
>電池を一本ずつ、急いで取替えれば「大丈夫」みたいな話もありましたが、やったことありません。
これは昨夜試しましたがダメですね。
電池が直列接続ですので1個外した時点で電源が途絶えるんです。
m100は会社専用ですのでThinkPadと仲良く使う予定です。

投稿: アンビンバンコ | 2008年12月11日 (木) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26089315

この記事へのトラックバック一覧です: Palm m100のバックアップ電源をCR2032で:

« Palm m100 の8MB化改造 | トップページ | Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート »