« Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート | トップページ | EeePCでコネクティビティパックを使う »

2008年12月12日 (金)

MSDOS で EeePC を瞬時boot

巷ではExpress GateやCloudなんてのが話題になっています。
わずか数秒でブラウザが立ち上がる!うらやましい限りです。でも手に入らない。
ちなみにCloudはこんな画面。

Cloud

ブラウザまでは出来ないかもしれないけど似たようなことをチャレンジしてみようと思います。

それは・・・MSDOS。をいヾ(^^;

新幹線でブログの下書きを書く、ちょっとだけ使いたい!
そんな時にEeePCがPDAのように瞬時にbootしてくれると都合が良い。

いま候補として考えているのは2つ。

コネクティビティパック
HP200LX風の画面でHP200LXとのやりとりも可能。私は使った経験は無いのですがなぜか持っていたりします。
英語モードで起動なので日本語化する必要があるそうです。

Conndtive

FDがカビていなければ良いのだが。。。
成功してEeePCでこんな画面が出たら懐かしさで涙が出たりして。。。

Conepack

Personaware(PT PC110用)

Pc110jap なんとカラーです。
これは以前使っていたのでPathを通し直せばなんとなく使えそう。
WEBBOYなんていうDOSブラウザまで発展性が見込めるわけです。
データのインポートを考えるとHP200LX形式の方が情報が豊富かも。
Wifiを認識出来んのか?って話は残りますが。。。

厄介なのが200LXやPC110の当時のバックアップがそのままでは使えないこと。
(偶然?)どっちもDOSシステムはオンボードROMやフラッシュ内に格納されていた。
なので私のバックアップには肝心のDOSシステムやDOSファイルが無いのである。
(幸いDOS/V時代のインストール用FDは残してある)

FDDからHDDへインストールするとして・・・
たしかリブレットM3時代の2.5inchHDDがどこかにあったはず。ふるっ!

25hdd

ありました!当時は大容量だった2GB。笑
ひとまずこれを自作PCに繋いでFDDからインストールしようと思います。
ある程度HDDで環境を整えてからSDHCカードに移植すればうまくいきそう。
やっぱ Acronis True Image は便利だわぁ♪

|

« Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート | トップページ | EeePCでコネクティビティパックを使う »

コメント

お久しぶりです。
MS-DOSですが、FAT32っていけるんですかね?
FAT16で2GBの壁があったような。。。

私もMS-DOSは、PC-DOS2000を記念に買って残っていますが、、、
フリーのDR-DOSってのもあったはずなんで、探してみては如何でしょうか。
確か、32bitマルチタスクOSのはずです。
日本語化しないといけないですが、HP200LXの横川の日本語化キットが
あれば楽なんでしょうね。。。

Japanese DR DOS User's Group
http://drdos.at.infoseek.co.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/DR-DOS

投稿: 通りすがり | 2008年12月12日 (金) 02時09分

私もFATの壁が問題な気がしますね。
NTFSは絶対無理だろうし。
98のDOSならあるけどな。
デバイスドライバーとか全滅でしょうな。

投稿: FANG | 2008年12月12日 (金) 07時14分

通りすがりさん、FANGさん、おはようございます。
そうなんです、FAT16で使うつもりでした。
なのでDOSでのSSDへのアクセスは想定しておりません。
EeePCのキーボードとディスプレーだけ使うって感覚です。
ブログを更新する時にSSD起動でFAT16のファイルが開ければOK。

でもDR-DOSも良さそうですねぇ。探してみます。
日本語化はHP200LXの経験(かなり忘れたけど)で何とかなるかと思っております。

投稿: アンビンバンコ | 2008年12月12日 (金) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26116556

この記事へのトラックバック一覧です: MSDOS で EeePC を瞬時boot:

« Inspiron Mini9交換用SSDのSLC版は必要?アンケート | トップページ | EeePCでコネクティビティパックを使う »