« 私の愛用ハンダごて | トップページ | 2009年 EeePC用注文済みアイテム »

2008年12月31日 (水)

EeePC901 の回路とDI9M

バッファローのショート基板用SSD、SHD-DI9Mシリーズの発売に伴い様々な使い方が試されており困惑している方も居られるだろうと回路を整理してみました。

ちなみにIDE接続なので
両方がCSELなら接続順からショート側マスター/ロング側スレーブです。
片方がプルダウンでマスターになればそれがCSEL信号でコントローラーに送られもう一方がスレーブとなります。
図ではマスターを赤色、スレーブを青色で示しています。
CSELはプルダウン(GND接続)でマスター、プルアップ(3.3V接続)でスレーブとなります。
CSEL未接続もオープン扱いでスレーブとなります。

EeePC901純正状態
ショート、ロング共にCSEL状態です。
ただロング側にはCSEL信号は繋がっておらずオープン状態。
なのでショート側マスター/ロング側スレーブ。

Normal

もしロング側でDI9Mを使いたい方は上記のようにDI9MをCSEL化すればEeePC901本体側の改造無しに利用することが出来ます(スレーブとなりますが)
DI9MのCSEL化はこちら ⇒ SHD-DI9MのLED対応とCSEL化

ロング側にDI9Mを買ったまま挿してしまうと
DI9Mはデフォルトはマスター固定(GNDにプルダウン)です。
ショート、ロング共にマスターを主張してしまいまともに認識しません。

M_m_2 

ロング側にDI9Mを挿すのであれば純正のようにCSEL化が必要となります。

ショート側にDI9M
これはハッピーです。マスターが来るべきショート側にマスター固定のDI9M。
普通にショート側に挿した方は悩まなくて済みます。
(多分DI9MをCSEL化しても同様にマスターで認識するでしょう)

M_s0

ちなみにEeePC901の分解手順はこちら ⇒ EeePC901-X分解手順

DI9Mをショート側でスレーブで使う
ロング側をマスターにプルダウンしその情報をコントローラに伝える必要があります。
ZIF21pinとロング側コネクタ26pinをジャンパーさせれば可能です。

Cf_master1 こんな感じです。

S_m

私はマスターで使うのが楽なXandrosをロング側の純正4GBに入れ、ショート側にWindowsXpを入れて使っています。

ショート側をマスターに切り替える
ジャンパーを飛ばしてあればロング側のプルダウン/プルアップでショート側を切り替えられます。
ロング側はプルアップしなくてもCSEL位置でスレーブに。ショート側はマスターになります。

M_s

赤線のジャンパーをして、ショート側をCSELにしておけば裏蓋を開けるだけでアクセスできるロング側の細工で用途に応じてマスター/スレーブの切り替えが可能です。

EeePC 901-Xでも動作 SHD-DI9Mシリーズ 

|

« 私の愛用ハンダごて | トップページ | 2009年 EeePC用注文済みアイテム »

コメント

本体にはまだ触りたくないですね。
しばらくはこの状態で使ってみます。

投稿: FANG | 2008年12月31日 (水) 23時47分

FANGさんへ
本体分解すると保証を失いますからねぇ。。。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月 1日 (木) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/26671975

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC901 の回路とDI9M:

« 私の愛用ハンダごて | トップページ | 2009年 EeePC用注文済みアイテム »