« Buffaloから SHD-DI9M-32M発売 | トップページ | MLC SSDの進化 »

2008年12月 4日 (木)

CF コネクタを剥がす

CFコネクタの悪戯。週末まで待てずに決行しちゃいました。

当初はホットブロワーを使おうと思いましたが良く考えると溶けますわな。coldsweats01
急遽予定変更。
極細針金の代わりにシックネスゲージ(0.1t)を使うことにしました。

半田ごてはSOPの片辺が同時に温められるように細工したもの。
大き目の半田ごての先端をトンカチで叩いて延ばして自作したものです。

これでCF用コネクタの足をまとめて温めます。
ハンダが溶けたころあいでシックネスゲージを差し込みます。

Cf_adapter2

写真で基板と足の隙間にシックネスゲージが貫通しているのがわかりますか?

このまま温める足をずらしていき、全ての足と基板の隙間にシックネスゲージを通せばポロッとコネクタが外せました。
ハンダ吸い取り線で余分なハンダを吸い取って作業完了。

Cf_adapter3

無事CFコネクタを剥がすことが出来ました。
どうでも良いところがちょっと溶けちゃったけど。

Cf_adapter3up

ただ・・・このピッチの手配線は厳しそうだなぁ。汗
Poteさんはこれを全部手配線したのかぁ・・・ 勇者への道 は厳しいなぁ。

今後のEeePCのSSD改造の為にCFコネクタ剥がしにチャレンジしたのですが
バッファローから格安ショートSSDが出ちゃいました。
32GB売り切れで散々悩んだ挙句、16GBを予約。

Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD バッファロー SHD-DI9M

こりゃ、このCFコネクタの出番は無いかも。。。爆。

その後、また32GBも予約できるように復活してたりします。なんだかなぁ。

|

« Buffaloから SHD-DI9M-32M発売 | トップページ | MLC SSDの進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/25912641

この記事へのトラックバック一覧です: CF コネクタを剥がす:

« Buffaloから SHD-DI9M-32M発売 | トップページ | MLC SSDの進化 »