« EeePC 901のデュアルブートの謎 | トップページ | Eee PC901用 CF-IDE基板 部品キットのご紹介 »

2008年8月 7日 (木)

ZIF接続でのSSD4GBの挙動

EeePC 901のZIFにCFを接続 した後のSSD4GBの挙動。

スレーブとして認識するもののSSD4GBからXpを起動させようとすると激遅。
CFをBIOSでオフにして外してSSD4GB単独ならXpが普通に起動。

SSDアクセスランプに差が出ます。

正常時はSSDへのアクセスがある時は点滅or点灯します。
それが
激遅の時は起動のときすらまれにしか点滅しなくなります。

ネットで同様の事象があるのか調べてみました。
元々発信元のサイトの記事ではSSD4GBと1.8inchHDDは干渉して両方認識しなくなるとSSD4GBを外しているので、最初から分解のついでにSSD4GBを外す例が数件。
どうやらSSD4GBからも起動できCFにOSをクローン化している記事2件。
私とまったく同じ症状でSSD4GBはBIOS上で外したコメント1件。

症状にバラツキがあるようですが私と同様の例もありました。

FFCの接触不良の疑いも残りますがあまりにも元気にCFからXandrosがサクサク動くので接触不良を疑う気になれません。

ひとまずIDE1(SSD4GB)とIDE3(ZIF接続)は排他と結論付けようと思います。think
 ・IDE1(マスター)+IDE2(スレーブ)がSSDモデル用
 ・IDE3(マスター)のみでスレーブ無しがHDD用
なのかなぁって思います。

まぁ今まで4GBで使っていたXandrosが倍の8GBで使えるんだし、
めったに使わないWindowsXpもBIOSいじればサクサク動くんだし、
まっ良いか♪coldsweats01

IDE3に接続しておきながら「IDE2に繋げてるよーん」ってEeePCを騙すやり方って無いのかな?

今回私がZIFへのCF接続の改造に使ったのは
【メール便200円OK】CF-IDE変換アダプタ(CF→東芝/日立ZIFHDD)  
[送料\399~]:上海問屋セレクト 300倍速 コンパクトフラッシュ(CF) 8GB [★] 

|

« EeePC 901のデュアルブートの謎 | トップページ | Eee PC901用 CF-IDE基板 部品キットのご紹介 »

コメント

いつもお世話になります。
901の改造、着々と進んでいるようですね!

私の701は、今週Xandrosの設定に悩まされ、今朝には遂に電源が入らなくなってしまいました!
まだ購入して18日ですが、正直少し印象が悪くなってしまいました。
手放すにしてもこの状態ではジャンクなので、とりあえず修理に出そうと思います。無事帰還しましたら、また報告します。

投稿: マサ | 2008年8月 8日 (金) 05時27分

マサさん、おはようございます。
>今朝には遂に電源が入らなくなってしまいました!
うーん、ハード的な故障でしょうかねぇ。。。
ACアダプタとバッテリー外して再度接続するとあっさり復活する場合もありますが・・・試されましたか?

投稿: アンビンバンコ | 2008年8月 8日 (金) 08時36分

おはようございます。お返事、ありがとうございました。
今朝たまたまPCに詳しい知人に連絡を取ったところ、EeePCを持っているとのこと。おまけに使用していないということだったので、事情を話してみました。
実際に会って検証しましたが、どうやらバッテリーが悪い様子で、知人の物に替えると問題なく動作しました。
「使っていない」ということでしたので、しばらく借りることになりました。
少々感情的になってしまったと反省しています。
OSはいったんeeeXubuntuに戻してみました。でもまた近々Xandrosをインストールしようと考えています。

投稿: マサ | 2008年8月 8日 (金) 09時34分

マサさん、おはようございます。
無事起動とのこと、良かったですね。
バッテリー充電側ではなくてバッテリー側のトラブルなら被害が軽いのですが・・・
うちでは初心者の娘らが酷使している割には元気に動いとります。
原因がわかるといいですね。

投稿: アンビンバンコ | 2008年8月 8日 (金) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/22850761

この記事へのトラックバック一覧です: ZIF接続でのSSD4GBの挙動:

« EeePC 901のデュアルブートの謎 | トップページ | Eee PC901用 CF-IDE基板 部品キットのご紹介 »