« Eee PC901用 CF-IDE基板キット装着 | トップページ | CF接続での901デュアルブートの謎が判明 »

2008年8月10日 (日)

EeePC 901のCFによる高速化~次なる野望

昨夜、EeePC 901用CF-IDE接続基板キットの装着 に成功し、無事ALL SLCチップなEeePC 901が完成しました。
ただいまの環境は
 ・マスター IDE1 SSD4GB Xandros
 ・スレーブ IDE2 CF8GB  WindowsXp
でどちらもサクサク快適動作しております。

んで次なる野望は・・・
常用XandrosをCFに入れて使いたい!そのためにはCFをマスターにせねば。
フラッシュメモリーは最悪壊れるらしいので頻繁につかうXandros側を交換可能にしておきたい。
XandrosにはGIMPとかも入れてみたいし、常用側はゆったり使いたい。
WindowsXpは滅多に使わないはずなのでSSD4GBでも我慢できる。

なんとなく出来るような気がしております。
 ・そもそも上記基板にはマスタースレーブ切替SW端子がある。
  (そのままじゃ901では使えないそうだが・・・)
 ・マスタースレーブ切替に詳しいmsaさんとお知り合いになれている。
  (ZIF21pinとIDE2の26pinをつなげてIDE2のCFをマスターにする?)
 ・Poteさんの勇者の書によればCFの39pinがCSEL。

いやはや、お詳しい方々とブログを通じてお知り合いになれて鬼に金棒である。

・・・とmsaさんのブログに勉強しに伺ったらなんと同じ基板を入手されておられる!
しかも同様のチャレンジをされて4GB激遅の洗礼を浴び、克服されたとか。
次回の記事が楽しみであります。

わたしゃZIF接続では4GB激遅の洗礼を浴びたままで克服が出来ていない。
このブログ経由でZIF接続CFアダプタが結構売れているようなので同じ問題に陥っている方が居られるかもしれない。
こりゃ先々ZIF接続の課題も解明せねば。。。

CFはSLCチップ搭載でアクセス速度の速いものがお勧め。
私が買ったのはこちら。 たぶんこれが届きます。

予算が許せばこちら。  たぶんこれが届くでしょう。

Trancsendが届く保証はしかねますが経験的に届く気がする。

|

« Eee PC901用 CF-IDE基板キット装着 | トップページ | CF接続での901デュアルブートの謎が判明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/22893024

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 901のCFによる高速化~次なる野望:

« Eee PC901用 CF-IDE基板キット装着 | トップページ | CF接続での901デュアルブートの謎が判明 »