« HP200LXのメモリー改造例 | トップページ | ブラジル出張はThinkPadX60とHP200LX »

2008年6月28日 (土)

HP200LXをバックライト化(BL化)

今回もEeePCではなくHP200LXネタが続きます。coldsweats01
私が行ったHP200LXのバックライト化の紹介です。

液晶裏の銀幕を剥がし、ELシートを入れて点灯(バックライト化)するというリスクの高い改造です。
このELシートを点灯させるには交流200Vが必要。
電池で動くHP200LXから交流200Vうを確保するために昔は超小型トランスを使っていたようです。
幸い私がこの改造にチャレンジした頃はELシートドライバICと言うものがあり超小型ICでELシートを駆動する交流200Vを確保できました。
ICチップの名前はSM8141。
直流3V(5Vだったかな?)から交流200Vに変換してくれるICです。
某商社に交渉し小分け売りしてもらいゲット♪
200lx_bl2
カードスロット付け根のわずかな隙間(黄色丸の左下)にELシートドライバICを組み込んだ基盤を押し込んでいます。
点灯の様子はこちら。
200lx_bl1
この表示はメモリーは16MB化した頃ですね。あー懐かしい。

この改造、実用的かといわれるとコントラストは改造前より若干落ちるし、点灯させる頻度もさほど無く、自己満足の世界かもしれません。
でも海外出張の暗い機内でログを読むなんてシーンでは重宝しました。

今回のブラジル出張、EeePCの代わりにHP200LXを持って行こうと思います。
心配は・・・久々なので200LXの環境設定ができるかな?ってこと

|

« HP200LXのメモリー改造例 | トップページ | ブラジル出張はThinkPadX60とHP200LX »

コメント

こんにちは、アンビンバンコさん
懐かしいですね、HP200LX。私自身は当時買えなかったので持っていませんでしたが、当時niftyのFSCI(サイエンスフォーラム)のオフ会で持っている方を何人か見かけました。
意外と素人の部類の人が使っていたケースもあります。どうしても外出先で文書を書く必要がある、という要求にこたえられるのはこれくらいしかなかったこともありますが、必要に迫られると人間何とかしてしまうものです。
だから、EeePCを素人にすすめても問題ないと思っています(と、むりやりEeePCの話題に摩り替えますが)。EeePCならハンドブックもうってますし、ネット上でもたくさん情報がありますし。HP200LXの時代を思えばいい環境になったと思います。

投稿: arkouji | 2008年6月28日 (土) 18時34分

arkoujiさん、こんばんは。
サイエンスフォーラムじゃなんとなく持ってる方が居そうな感じがしますね。
HP200LXもEeePCも目的を達成したいという熱意のある人にはとてもよい道具になるんだと思います。
どちらもPC界では異端児かもしれませんけど(^^;

投稿: アンビンバンコ | 2008年6月28日 (土) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/21940052

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LXをバックライト化(BL化):

« HP200LXのメモリー改造例 | トップページ | ブラジル出張はThinkPadX60とHP200LX »