« ThinkPadX60でワイヤレスゲート | トップページ | HP100LXとEeePC900@ブラジル »

2008年6月29日 (日)

HP100LX久々の起動

HP200LXのメモリーを直そうと思ったが今更ハンダ付けってのもあわただしい。
もう一台のHP100LXを持っていくことにしました。

100lx16mb

見た目のロゴは2MB機ですが倍速16MB化してあります。
メモリーコネクタ付き100LXを入手した記憶は無いんだがどうやって増設したんだろ?
遠い昔のことで覚えてない。catface
20MBのフラッシュカードに当時の環境をコピーし、100LXに差し込んで起動。
そうそうLXEMM.DATが無いと出てくる。
EMSINST.EXEでLXEMM.DATを作ろうとするがエラー。coldsweats02
・・・
たしか200LXと100LXじゃクラスタサイズが・・・なんだっけ?
ネットで調べるとMODCLST.EXEでクラスタを2KBにせよとある。
そうだった気がする。汗
無事LXEMM.DATファイルを作ることが出来て当時の環境が復活。
上の写真のようなメニュー画面が立ち上がりました。

これで飛行機機内で長文打ちが出来るようになりました。happy01
EeePCのバッテリー駆動時間は約3時間。
日本からブラジルまでは24時間を越えるわけだから100LXで正解だったのかもしれない。

|

« ThinkPadX60でワイヤレスゲート | トップページ | HP100LXとEeePC900@ブラジル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/21968065

この記事へのトラックバック一覧です: HP100LX久々の起動:

« ThinkPadX60でワイヤレスゲート | トップページ | HP100LXとEeePC900@ブラジル »