« WindowsXpをMSDOSで消しちまった | トップページ | のぞみN700初体験、無線LAN? »

2008年5月21日 (水)

ストレージの在り方を再認識

良かったー!
ダメもとで会社のノートPCのゴミ箱を見ていたらなぜかAcronis True Image Personal 2 のセットアップファイルが残っていた。

何かの都合で持ってきていたようだ。
喜んで「元に戻す」で救済。
そんなに高価なソフトではないけど無駄にせずに済みました。

最近EeePCを使い始めて考え始めたのがストレージの在り方。

PCのHDDなんて100GB超えが当たり前の時代だと思う。

でも自分の会社で使っているノートを覗くと12GB程度しか使っていない。
高額大容量のMS OFFICE込みでそんなもんだ。
OSはWindowsXpで3GB程度食っていた。

HP200LXはOSはROMに焼いてあり、消えることは無かった。
電池さえ入れれば工場出荷状態が容易に再現できた。

現にEeePCは4GBの中でXpを動かすことが出来る。
SDHCカードをHDDに見立ててソフトをインストールする裏業も公開されている。

OSを置くCドライブって実は小さくって良いのかも知れない。
再インストールも早いし、万一の時に失うものも少なくて済む。
容量が小さければ工夫するしデータファイルは別ドライブに置けば良い。

私は今回の失敗(Cドライブふっ飛ばし)で自作機のCドライブは40GBにしました。
残りは別パーテーションでデータ類を置こうと思います。
マイドキュメントの中にショートカットを置けばOK。

良い経験になりました。ASUS EeePC 900 Pearl White (英語版)

|

« WindowsXpをMSDOSで消しちまった | トップページ | のぞみN700初体験、無線LAN? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/21162702

この記事へのトラックバック一覧です: ストレージの在り方を再認識:

« WindowsXpをMSDOSで消しちまった | トップページ | のぞみN700初体験、無線LAN? »