« EeePCを付属DVDでリカバリー | トップページ | デュアルブートの起動順序を変更 »

2008年3月30日 (日)

eeeXubuntuをSDHCカードにインストール

SDHCカードなどにインストールする場合はSSDのMBRにアクティブなパーテーションが2つあると書き込まれSDHCカードが無いとSSDのXpから起動できなくなります。
回避策としてこちらの記事の方法をお勧めします。
 ⇒ EeePCにeeeXubuntuインストール

EeePCのメインストレージSSDにWindowsXpをリカバリーして・・・

※ eeeXubuntu7.10-3での方法をもう少しわかりやすく書きますと
ライブCDから母艦PCを起動。CDブートってやつです。
USBメモリーも挿しておきましょう。
”Start or install Xubuntu”という項目を選択
eeeXubuntuの起動画面が立ち上がるので
Applications –> Accessories –> Terminalを選択でターミナルが開きます。
sudo /cdrom/mkusbinstall.sh --autodetect  と入力してリターン
success  と表示されれば成功♪

eeeXubuntu7.10-2autodetectが効かないそうですので7.10-3が無難ですな。

ちょっと手間ですが作ってしまえばUSBメモリーだけでお手軽インストールが可能になります。

今度はSDHCカードにLinux(eeeXubuntu)をインストールします。
ネットで探してもSDHCメモリーにインストールする例の方が多いようです。
注意しなくてはならないのがパーテーション。

私は16GBのうち半分以上はWindowsXp用に使いたいのでXpでも認識させたい。
この場合は先頭をXpでも認識できるFat32で領域を確保し、パーテーションを切った残り後半をLinuxで使うような設定が必要です。

普通にインストールしていくと後半8GB(50%)を利用してインストールする・・・と出るのでそのまま実施したところFat32領域6GB/Linux領域8GB
数え方の問題で16GBメモリーは14GBなんだ(^^;

Linux領域に8GBも必要ない、その分をWindows領域にまわしたい。
気をとりなおして再度パーテーションを変更。
Fat32領域8GB/Linux領域6GBに変更しました。

無事WindowsXpとeeeXubuntuの起動が選べる(デュアルブート)EeePCが出来ました。
やっぱSDHCはオンボードのSSDより遅いですね。
インストールにも時間がかかりますし、起動もモッサリしています。
メインに使うOSをSSDにインストールするのがおすすめです。

今回利用したパーツは全部格安の上海問屋で調達しました。

ここからeeeXubuntuを起動出来ます。  
[送料\399~]USBメモリ 1GB:A-DATA PD9 1GB [★]

EeePCのカードスロットに挿しっぱなしで使うつもりです。
[送料\210~]上海問屋セレクト SDHCカード 16GB Class6(カードリーダー付属):上海問屋セレク...

|

« EeePCを付属DVDでリカバリー | トップページ | デュアルブートの起動順序を変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/21159066

この記事へのトラックバック一覧です: eeeXubuntuをSDHCカードにインストール:

« EeePCを付属DVDでリカバリー | トップページ | デュアルブートの起動順序を変更 »