« Eee PC 4G-Xを衝動買い | トップページ | EeePCでブログ環境を整備 »

2008年2月 4日 (月)

EeePC 4G-Xのレビュー

衝動買いしたASUSTeK Eee PC 4G-X パールホワイトですが娘が取り合い。
さっぱり触らせてもらえません。
ちゃおっていう小学館のサイトで遊んでいます。
無線LAN内臓なのでコタツでプチプチ。。。

カタログ諸元なんて私が書かなくても調べられますよね。
買わなきゃ判んない情報ってのを読者は好むわけで・・・

Xpをセットアップしてまだ何にもインストールしていませんが残容量は768MBです。
普通のお客さんなら怒りますよね(^^;
たった4GBのストレージ容量のうちOSだけで約3GB食ってるわけだ。
nliteなるフリーソフトでXpの無駄なファイルを消せるって聞きますので先々は試してみようと思います。

液晶はDOS/Vノートが出始めの当時のように枠がありますが左右はスピーカーになってます。
音質はまだわかりませんが娘らのゲームには十分のようでボリュームを絞るほどです。

持った感じはギッシリ詰まってるってほどの重量感はありません。
実はこの隙間が秘めた魅力。
世界中のオタクが筐体の中にGPSセンサーを忍ばせてナビマシンにしたり、USBメモリーをハンダ付けして容量を稼いだりして遊んでいます。
そして自慢げにその改造テクニックをネットで公開してくれる。
メーカーが出荷した後、更なるユーザーの開発(?)で進化を続ける。
なんて楽しい商品でしょう♪
USBポートが3つもあるのでひとつ殺して中に16GBを内臓するってのも面白いかも~♪
こういうのを基盤だけにバラせば小さくなるわけで 

私も昔HP200LXの改造ってのにはまった頃があります。
メモリーを強引に増設したり、液晶にバックライトを忍ばせたり。
全国のHP200LXファンと情報交換し合い楽しかった思い出です。

今のところウィルスソフトを導入していないからかRAMは512MBでも快適です。
すでに2GBに増設するメモリーも6,980円 (税込)で出ているらしい。

ASUS EeePC用増設メモリーバルク品2GB:PSD22G6672S
元の512MBに戻せばメーカー補償が受けられるってのが太っ腹。
どっかのSONYとかとはえらい違いだ。

ASUSTeK Eee PC 4G-X パールホワイトを生産している台湾。
旧正月の間は生産しないとなると当分は品薄かも。。。

手に入ってよかったぁ。

|

« Eee PC 4G-Xを衝動買い | トップページ | EeePCでブログ環境を整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/21157791

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 4G-Xのレビュー:

« Eee PC 4G-Xを衝動買い | トップページ | EeePCでブログ環境を整備 »