2017年12月 9日 (土)

iPhone7からLANDISKにアクセス

我が家のLANDISKはHDL-C1.0という古いタイプなのでスマホからの接続ツールはIODATAからは公開されていない。

それでもWindows10サポートされて無くても使えてるくらいだから何とかなるんじゃね?

とググってみると成功例を見つけた。
 → 「HDL-C」にiPhoneからアクセスする方法(主に音楽再生でテスト)

有料アプリで成功しておられたんだがお試しでFilebrawser Liteというフリー版で試してみた。

アプリをインストールしてマニュアル設定でHDL-Cのアドレスを入力。
リモートファイルの欄に192.168.0.4と表示されているのがHDL-Cだ。

Photo

タップしてユーザーIDを入力したら無事HDL-C1.0の中身のdiskフォルダが現れた。

Photo_2

この中からファイルを選んで再生してみる。

Photo_3

動画再生成功!

ただお試し版アプリなので最後までは再生できない。
繋がったから有料版買おうかな?・・・と調べたら720円もするorz

720円払ってもWIFIでしか繋がらないんじゃスマホ対応のポケドラPhoto買って外からも繋がるほうが良いかも。

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

Windows10 64インストール

NASの復活で調子に乗り古いPCのくせにWindows10PRO 64bitをインストールした。

私の場合パソコンに置きたいような情報は外部に置いている。
 デスクトップを使うときのファイルはNAS(LANDISK)
 スマホ絡みの写真や動画はDropbox
 個人情報はEvernote

極力データはPCには置かないようにしている。
あえて言えばiTunesのデータくらいかな。
このiTunesのMediaファイルも昨夜のうちにNASに引っ越し。
この引っ越しネタはググれば山ほど出てくるのでここでは省略。

以前Windows10PRO 64bitのisoファイルは作っておいたのでDVDに焼いてインストールDISKとした。

インストールでプロダクトキーを聞かれるだろうとWindows10PRO 32bit版のプロダクトキーをメモっておいたがこれじゃないと断られて「無い(後で)」で進む。

なんと旧Windows10 32bitの時のPCファイルは「Windows.old」ってフォルダにバックアップしてくれる。
便利な時代になったもんだ。

Win10_64

プロダクトキーはWindows10 32bitのころとは変わっていた。

無事インストールは完了しNASもネットワークドライブとして認識。
データ関連を外に保存しているとインストールはたいへん楽ちんである。

Win10

マザボがP5KPLという2009年に導入したものなのでWindows10のドライバーが無かったがなんとか認識できて安堵である。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

LANDISK がWindows10で接続成功

私はNASはIODATAのLANDISK(HDL-C1.0)を使っている。

振り返ると

2011年11月 導入。当時のOSはWindows7。ネットはフレッツ光。
2015年11月 OSをWindows10にアップデート。
この時NASがネットワークから見えなくなるがHDDドライブで認識。
その後ホワイトBB、Yahoo!BB ADSL、UQWimaxとネットは変えたもののHDDドライブで使えていた。
そして今回UQWimaxを娘らのマンションへ設置する都合、自宅はフレッツ光に変更。
その途端LANDISKが見えなくなった。

今回はメーカー推奨手順も2015年の手順でも見えない。
あらためてIODATAサイトで確認するとサポートはWindows7までorz
でも昨日までHDDドライブで見えていた。
なにかの設定を直せば使えるはず!

再接続の戦いが始まった。

【根本的な間違いに気付く】
上記履歴を振り返れば導入以来UQWimaxまでずっとルーター機能を導入していた。
しかし今回フレッツから送られてきたのはポート1つのけち臭いモデム。

Photo

こいつをHUBで分岐してPCに繋ぎ毎度ダイヤルアップで接続していた。
まてよ?LANってのはルーター機能が無いとダメなんじゃね?わっはっは。

【ルーター導入で設定画面表示出来た】
ってことでケーズデンキで最安のIODATAのWIFIルーターを購入。

Wifi

やっとMagical Finderって付属アプリでWEB上のLANDISK設定画面を出すことが出来た。
IPアドレスをデフォルトらしき192.168.0.200に設定
その後あれこれ弄るもドライブやフォルダーは見つからないまま。
\\192.168.0.200\diskをファイル名で実行とか試すもダメ。

【モチベーションUP】
判らないことはググるしかないのだがその中で私のモチベーションをUPしてくれる一言がこちら。
「LANは接続の問題か、設定の問題かの切り分けが大切。」
 ・IPアドレスで辿れるか否かは接続の問題
 ・フォルダが見るか否かは設定の問題

私の場合はIPアドレスでは辿れるので接続は出来ている。
どこかの設定が不備だからドライブとして見えていないだけ。

【感動のネットワーク表示】
その後もググりまくりNetBIOSのWINS設定やらなんやら弄りまくる。
そんな中LANを診断してて「正常だけどDNSサーバーがなんてら・・・」てのを見つける。
もしかしてマザボのネットワークアダプタ?ここは今まで疑ってなかったな。
デバイスマネージャーでネットワークアダプタを一旦削除しインストールし直してみる。

見えた!

ネットワークの欄にLANDISKドライブが表示されてる!
恐る恐るクリックするとパスワードを聞いてくるが入れても拒否される。
WEBのLANDISK設定画面でユーザーIDとパスワードを変えずに入れ直して再保存。
再度LANDISKドライブをクリックすると今度はログイン成功!
無事共有フォルダ「disk」の中身を見ることが出来た。
再起動してもアクセスできる。問題解決!

HDL-C1.0はWindows10サポート外ですが無事NASとして利用出来ました。
まだLANの診断に「DNSサーバーが・・・」の文言は表示されてるのが不安だけど結果オーライ。

解決したのでNASを買い直す必要は無くなったけど
スマホ対応のNASでも買おうかな?

| | コメント (0)

«gloげっと